音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
ミッシェルの“音”は、ここがすごい。THE BACK HORN・山田&菅波×スガ シカオが語る

ミッシェルの“音”は、ここがすごい。THE BACK HORN・山田&菅波×スガ シカオが語る

J-WAVEで放送中の『Mercedes-Benz THE EXPERIENCE』(ナビゲーター:スガ シカオ)。その時代、その場所で、どんな音楽を聴きたいか―――時代を越えて、国境を越えて、ナビゲーターのスガ シカオが旅好き・音楽好きのゲストと共に音楽談義を繰り広げる、空想型ドライブプログラムだ。

8月30日(日)のオンエアでは、THE BACK HORNの山田将司、菅波栄純と「1999年の茨城~東京」を空想ドライブする様子をお届けした。ここでは、山田&菅波の上京当時の思い出や、3人がTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTについて語り合った部分を紹介する。

結成の始まりは菅波が山田にかけた福島弁

山田と菅波が指定した年は1999年。THE BACK HORNが結成されたのは、その前年だ。スガは結成までの経緯を尋ねた。

スガ:(出身の)場所はバラバラだよね。
菅波:バラバラです。俺とマツ(松田晋二)が福島で、将司は茨城。(岡峰)光舟は広島なので。
スガ:光舟は東京じゃないんだ!?
菅波:そのエッセンスが入っているのがけっこうミソなんです。
スガ:(笑)。
菅波:東がかたまりすぎると、あまりにあれなんで。
スガ:そうなんだ。4人になったのが1998年ということ?
菅波:光舟に出会ったのはもっとあとで、最初はいなかっぺの3人が専門学校で出会って、ただ集まったという……。
山田:栄純に声を掛けられて。福島弁で「音楽なに聴いてるの?」ってしゃべってきた。
菅波:一瞬、英語に聞こえた?
山田:一瞬、聞こえた。
スガ:聞こえねーよ!
山田:「フランス語かな?」と。
スガ:(笑)。
山田:それで「一緒にバンドやっぺ」って言われて。
スガ:2人が最初のスタートにいたんだね。

1999年はどんな時代だったのか、スガは「Hi, Mercedes」と話しかけるだけで起動する対話型インフォテイメント・システム「MBUX」に詳細を尋ねた。

MBUX:1999年、ドコモの「iモード」がサービスを開始。ソニーからは犬型ロボットの「aibo(アイボ)」が発売され、人気を集めます。スポーツでは西武の大物ルーキー松坂大輔投手が活躍し、新人王を獲得。音楽シーンでは椎名林檎、浜崎あゆみ、aikoがブレイク。GLAYが幕張メッセで20万人を導入し、大きなトピックとなりました。この年の流行語大賞は当時、内閣総理大臣だった小渕恵三の「ブチ」と電話、テレフォンの「フォン」をかけあわせた造語で「ブッチフォン」。そのほか「ガングロ」「ヤマンバ」「カリスマ美容師」などが話題となりました。

山田はアルバイトが苦手?

この番組では、空想ドライブで流したい音楽をゲストに聴いている。1曲目に選んだのはEastern youth『歌は夜空に消えてゆく』。メンバー4人全員が好きなバンドで、この曲には上京時の思い出があるのだとか。

山田:これは99年に俺が上京をするときに、栄純と一緒に俺がうちの母ちゃんの車を借りて、俺の部屋の荷物を全部積み込んだ常磐道のなかで聴いた曲だね。
菅波:それで東京で2人で住むことになるんです、俺と将司が。
スガ:2人で住んでいたの!?
山田:住んでましたね、ワンルームのロフト付き。
スガ:バイトしながら?
菅波:全然続かなかったよね。
山田:ちょっと、バイトをしながら。
スガ:ちょっと(笑)。
山田:バイトが続かないっていうダメ野郎でした。
菅波:酷かったです。
山田:その代わりに、路上の弾き語りでお金を稼いだんです。
スガ:あー! そうなんだ。
菅波:将司は本当にそれで稼いでくるので。なんとも責められないんですけど、でもバイトはすぐにやめて帰ってきちゃうんです。
スガ:だってこの顔で路上で弾き語りをやって歌を歌われたらさ、ちょっと置いてくよ、そりゃ。
山田:(笑)。
菅波:しっかり稼いで帰ってきていました。
スガ:そのぶん、バイトはダメだったと。なんで?
山田:もう嫌すぎて、耐えられなくなっちゃうんですよね。ただの不適合だっただけなんですけど(笑)。
スガ:相変わらず生き方がロックだねえ。
菅波:懐かしいな。

2曲目はスガもヘビロテしていたアーティストの曲

2曲目にはTHEE MICHELLE GUN ELEPHANT(以下、ミッシェル)の『Smokin' Billy』をセレクト。同バンドの音楽性に関するトークで盛り上がった。

スガ:ミッシェルよく聴いてたなあ。
菅波:そうなんですか?
スガ:うん。
菅波:スガさんの音楽ルーツからみると、ミッシェルってどういう音楽に聴こえているんですか?
スガ:なんか……曲としてはちゃんとしているんだけど、ものすごく暴力的な感じがするんだよね。
山田:わかります。
スガ:レコ―ディングってシーンとしているところでやるしさ、お客もいない。でも、ミッシェルとギターウルフだけはなんかもう暴力の塊みたいな音をレコーディングでちゃんと再現してる。だけど、どうやって録っているんだろうなって。このアルバムとかは特にギターの音とかがすごい鳴りをしているよね。
山田:すごいですよね、アベ(フトシ)さんのは。それこそ99年にインディーズで最初にアルバムを作ったときとか、めちゃ聴いてたもんね。
菅波:聴いてた。
山田:この荒々しさ、それこそ暴力的な感じを欲していたところがありました。

THE BACK HORNは9月6日、無観客配信ライブ『「KYO-MEI MOVIE TOUR SPECIAL」-2020-(ライブハウス編)』を行う。その他の最新情報は、公式サイトまたは、Twitterまで。

スガが空想ドライブをナビゲートする『Mercedes-Benz THE EXPERIENCE』のオンエアは、毎週日曜21時から。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2020年9月6日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
Mercedes-Benz THE EXPERIENCE
毎週日曜
21:00 -21:54

関連記事

  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン