音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
【注目の学生アーティスト】CENTRAL DOGMAの強みは「力を入れている歌詞と飽きさせない曲の展開」

【注目の学生アーティスト】CENTRAL DOGMAの強みは「力を入れている歌詞と飽きさせない曲の展開」

【J-WAVE『SONAR MUSIC』から最新音楽情報をお届け】

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』。大学生・専門学生の音楽事情に迫る「SONAR TO THE NEXT」のコーナーでは、大学生・専門学生アーティストを数珠つなぎで紹介していく。8月20日(木)のオンエアでは、CENTRAL DOGMAのギター/ボーカル・小川マサトラさんに話を訊くとともに、大学生・専門学生アーティストを紹介してもらった。

一番影響受けているのは、RADWIMPS

前回、3 Tone Sunberstの山岸さんが「曲の完成度、演奏技術ともに同年代と思えないくらいずば抜けている」と紹介していたバンド・CENTRAL DOGMA。番組では、ギター/ボーカルの小川さんに話を訊いた。

Licaxxx:CENTRAL DOGMAは、どんな感じで組んだんですか?
小川:最初は高校の部活です。高校の部活って、コピーが主流だったりするんですけど、ちょっとオリジナルもやりたいなってことで、高校二年生のときに組みました。
Licaxxx:じゃあ、もうオリジナルをやることを目的に組んだんだね。曲を作るときって、どういうフローで作るんですか?
小川:ずっと最初から変わってないんですけど、自分が弾き語りのデモをメンバーに送って、パートごとに作ってもらって、スタジオで合わせて作っています。
Licaxxx:小川さんも含めて、バンドのみなさんはどんなアーティストに影響受けてるんですか?
小川:やっぱり曲を作っているのが自分なので、自分の影響が一番出ると思うんですけど、一番影響受けているのはRADWIMPSです。中学二年生くらいから一番聴いてるバンドですね。
Licaxxx:なるほどね。
小川:あとは、Base Ball BearとかBrian the Sunにもけっこう影響受けてます。
Licaxxx:今回オンエアした『僕たちのすべて』は、その要素が出てるなって感じがしました。CENTRAL DOGMAを聴くなら、ここを見てほしいっていうポイントはありますか?
小川:やっぱり歌詞には力を入れているので、一番歌詞を見てもらいたいと思います。ここはRADWIMPSの影響も大きいと思うんですけど、歌詞を大事に書いているので、曲の雰囲気も感じつつ、歌詞も見て頂けたらなと思います。
Licaxxx:歌詞書くのって、難しくないですか? どうやって書いてるんですか?
小川:あははは。う~ん、自分はわりと曲をイメージしながら、歌詞を先に書きますね。でも、逆に曲を作る方が難しくて、歌詞だけ溜まっていっちゃうんですよね。
Licaxxx:じゃあ、どっちかっていうと詩人の方なんだね。あははは。今は自粛とかで、集まったりも大変だと思うんですけど、どういう活動してるんですか?
小川:だんだんスタジオにも入れるようになってきたので、新しい曲を作っています。

自分の中の思い出を引き出して綺麗に見せてくれる

そんな、小川さんがおすすめする大学生・専門学生アーティストは、「monopolii」。

Licaxxx:どんな魅力を持ったバンドですか?
小川:彼らの音楽は、鋭く心に入ってくるところもあるんですが、どこか優しい感じや儚い感じがあって、自分の中の思い出を引き出して綺麗に見せてくれるような、そんな良さがあると思います。

次回は、monopoliiのメンバーにおすすめアーティストを紹介してもらう。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2020年8月27日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
SONAR MUSIC
月・火・水・木曜
21:00-24:00

関連記事

  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。