音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
【注目の学生アーティスト】響太、バンドを経て現在はソロプロジェクトで活動中!

【注目の学生アーティスト】響太、バンドを経て現在はソロプロジェクトで活動中!

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。

大学生・専門学生の音楽事情に迫る「SONAR TO THE NEXT」のコーナーでは、大学生・専門学生アーティストを数珠つなぎで紹介していきます。7月3日(水)のオンエアでは、響太さんに話を訊くとともに、大学生・専門学生アーティストを紹介してもらいました。

【音楽&トークをradikoで聴く】


■バンドからソロプロジェクトへ

「響太」という名義は本名だそうで、現在はソロプロジェクトという形で活動しています。

あっこゴリラ:ソロということは、ライブとかはサポートに入ってもらってやってるの?
響太:はい。紹介してくれたポエッツトゥームからベースのつかさに来てもらったり、ギター、ドラムを揃えたりしてやっています。
あっこゴリラ:なるほど~。もともとバンドをやってて、やめちゃったパターン?
響太:そうですね(笑)。一昨年の年末まではやってたんですけど、理由があってやめちゃってからは、ソロでやってます。
あっこゴリラ:大変だよね、ナイスファイトだよ。でも、いろいろ含めてバンドっていいよね。1人ってさみしいもん。
響太:そうですね。バンド楽しかったです。またやりたいなって思います。1人になってから、やっぱりバンドっていいなと思いました。
あっこゴリラ:わかる~! 私もバンドでドラムやってて、解散してラッパーになって、サポートメンバーでやってるからさ。だから、運命共同体がいないその気持ちよくわかります。

お互いにバンドの解散を経験していることから、意気投合した様子の二人。響太さんは、ソロになってからはあまりライブができていないのだそう。

響太:ひとりになってからは、ライブはほとんどやってないです。この前ポエッツトゥームに誘われた1回きりですね。
あっこゴリラ:マジで? じゃあ、普段は曲を作って、みたいな?
響太:そうですね。曲を作って、ネットにあげてって感じです。
あっこゴリラ:まあ、ライブするにしてもサポートメンバー集めたりするのも大変だもんね。でも、お互いそこ踏ん張って頑張っていこうぜ!
響太:はい。頑張ります!


■若さと大人なところを兼ね備えたバンド

そんな、響太さんがおすすめする大学生・専門学生アーティストは、「Monocrows」。

あっこゴリラ:どこで知り合ったんですか?
響太:Monocrowsのボーカル・大輝とバンド組む前から仲が良くて、中学のときに知り合いました。
あっこゴリラ:このMonocrowsのおすすめポイントはどこですか?
響太:アツさというか……若さとちょっと大人びたところを兼ね備えてる感じのバンドです。

次回はMonocrowsのメンバーに話を訊くとともに、おすすめアーティストを紹介してもらいます。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ『radiko.jpプレミアム』(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は『radiko.jpタイムフリー』機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン